魚ライン

熱帯魚を飼うのに何が必要??

魚ライン

【最低限必要なもの】

●水槽・・・・何を飼うかによっておすすめのサイズ感も変わってきます。
●フィルター・・・水をろ過するための装置。いろんなタイプがあります。
●水温計・・・・・・熱帯魚は水温が命です!!かならず用意しましょう。
●ヒーター・・・・・熱帯魚の適温は25~27℃が基本。特に冬は必須。
●カルキ抜き・・・・・水道水に含まれる塩素を一瞬で中和してくれます。
●エサ・・・・・・・・熱帯魚もごはんがないと弱って死んでしまいます。

【あると良いもの・その他】

●ライト・・・・今はLEDが主流。魚を美しく見せます。水草水槽には必須です。 
●クーラー・・・・水を冷却するための装置。特に暑いのが苦手な種類には必須。 
●底砂や底床・・・・・・魚が落ち着いたり、水質を安定させる効果があります。 
●バクテリア・・・立ち上げ初期や水替え時に添加する休眠状態のろ過バクテリア。
●殺菌灯・・・・・・アオコやコケ類を抑制したり、病原菌を殺菌してくれます。 
●水替え用品・・・・・バケツや水替えホース、コケ取りのためのスポンジなど。 

いらすとや いらすとや
魚ライン

水槽をどう準備すればいいの?

魚ライン
    

   ①水槽を置く場所を決めよう!60cm以上の水槽は必ず専用の水槽台を用意しよう! 
   ②底砂を敷いたり、石や流木でレイアウトする場合は水を張る前にやっておきましょう!
   ③水道で調整して26℃前後の水を水槽に張り、カルキ抜きを適量添加しましょう。  
   ④フィルターの電源を入れて水を回しましょう。ヒーターもこの時に設置して下さい。 
   ⑤水道水のCO2による酸欠防止のため、1日は魚なしで水だけ回しておくと安心です! 
 

★★これで魚を迎える前の最低限の準備は完了です★★

    

    あとはご希望によっておすすめの手順が変わってきますのでスタッフまで!
     そもそもどんな魚がいるのか分からない!もっと詳しい説明がほしい!
     全然イメージが湧かないので相談に乗ってほしい!などなどお困りの場合は、
     ご来店いただいて直接スタッフにお気軽におたずねください(*^^*)★